読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の考え

この時代のチャンピオンを目指す7人のこと

玉森くんの弱音

玉森裕太

ねぇねぇ玉森くん

 

f:id:hibinokangae:20160706194506j:image

 

 

おっと間違えました

 

 

f:id:hibinokangae:20160706194526p:image

 

 

ほんとよく似ているね?(ほめてる)

 

 

昨晩

今日の図書館は玉森くんか、またまたお人形さんのようにそこにいるだけでいいから、というスタッフさんの指示のもと(いや知らないけど)自分の役割を全うする玉森くんを見届けなくてはと思ってテレビの前にスタンバイしていた私の目に飛び込んできたのは

 

なんかスキップしてなかった?いま(・∀・)

 

 

玉ちゃん今日の図書館は喋るぞ!喋るぞ!喋るぞ!っと全国の玉森担のみんながザワザワ。(見ているのはバラエティ)

 

ザワザワ玉森担の私は

ひとり劇団さんと斎藤さんだぞさんの間でときどき微笑む玉ちゃんを見ながら、「玉ちゃんの喋るところカットされてませんように」とずっと祈るような気持ちで空間認識能力のお話を聞いていました。ちなみに私も空間認識能力が乏しくて初めての場所だと来た道を戻れません。

 

 

そしてついに、玉森くんの番。

 

f:id:hibinokangae:20160706195711j:image

 かわいいいいいいいいいっっ

 

玉森くんと同じグループの千賀健永くんが持ち前のセンスを発揮して特待生になり、同じく二階堂くんはそこそこの感性を持ち合わせているにもかかわらずズッタズタにダメ出しをされていたあの番組に出したらたぶん放送してもらえないクオリティの川柳だね(やめて)

 

 

まず、「ダサいんですよ」 って、川柳なのに話しかけちゃってるじゃん!と、全わたしのツッコミが入るよね。

 

そして、「弱音」をテーマに川柳作ってください、と言われて、自分の弱音って何だろうと考えたときに「走り方」が出てきちゃうほど走り方にコンプレックス感じていたなんて知らなかったよ笑ってごめんね玉森くん。

 

でも、

 

f:id:hibinokangae:20160706200944j:image

 

違う、馬鹿にして笑っているのではなく、あなたが走ることによってみんなが笑顔になって今日も平和が保たれていることに気づいて!(キスマイ担に限る)

 

 

図書館おわってすぐの番組でも、「玉ちゃんのコンプレックス何なん?」と聞かれて「走り方」と答えていました。

 

 

玉ちゃん

走り方、直さなくていいからね。

直らないと思うけどね。(ひどい)

 

 

もう、そんなことよりも私が気になって仕方ないのは、

 

f:id:hibinokangae:20160706203318p:imagef:id:hibinokangae:20160706203325j:image

 

ほんとよく似ているね(52行ぶり2度目ほめてる)

 

 

ライブまであと4日!!