読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の考え

この時代のチャンピオンを目指す7人のこと

伝えたいこの想いは

思い起こせば半年前のあの日

我が家に届いた1つのDVDから始まった。

 

f:id:hibinokangae:20160709161821j:image

 

この扉を開けてしまったら最後、もう戻ることはできないとわかっていながらも

そっとこちらの世界に飛び込んだ。

 

バラエティでの顔しか知らなかった彼らが

歌い

踊り

ローラースケートを履きこなす姿に

どうしようもなく引き込まれていく感覚は、半年経った今でも忘れることはできない。

 

「キスマイかっこいいじゃん!」

これが私の初見の感想で、ステージの上にいる7人は本当にキラキラ輝いていて、アイドルそのものだった。この時点ですでに、私はキスマイから目を離せなくなっていたんだと思う。

 

どのタイミングで玉森くんのことを好きになったのかは、今でもわからない。ただ、気づいたときにはもうカメラロールが玉森くんで埋め尽くされていて、玉森担と名乗るようになっていた。

 

かっこいいのに、気取らない。

優しいのに、押しつけない。

お洒落で、センスがよくて、だけど多肉植物に変な名前をつける。

人見知りで、内弁慶。

努力家で、負けず嫌いで、ポーカーフェイス。

未だに、どこが好きなの?と聞かれても、よくわからない。答えられない。

 

それは玉ちゃんが色んな面を持っているからだよね。一言で表すとたぶん「B型」なんだと思うけど(笑)そんな彼のことが好きで、好きで、大好きになって、ついに

 

 

 

f:id:hibinokangae:20160709165000j:image

 

私はもう戻れない。そう思った。

ここまで来たら全力でついていく決意もした。(ときどき立ち止まったこともあったけれど)

 

ツアーが発表されて、アルバムが発売されて、今日まで本当に早かった。

 

趣味も特技も特に持ち合わせていない、友達に会うと「なんのために生きているのかわからない」と無意識にこぼしてしまうほど平凡な毎日を過ごしていた私に、こんなにも楽しくて、幸せな世界があることを教えてくれたキスマイ。

 

キスマイのおかげで、毎日楽しくて、明日はどんな1日になるだろう、どんなことが起こるだろう、って明日が待ち遠しくなった。

 

キスマイを通じて友達もできた。(お会いしたことはないけれど私にとってはお友達)

 

 

テレビの中でしか見たことがなかった7人に、まさか会える日が来るなんて思っていなかったし、自分がジャニーズのコンサートに行く日が来るなんて本当に本当に想像していなかった。

 

だけど行くんだ。キスマイのコンサートに。

 

 

7人と直接話ができるわけではないけど

伝えたい想いは、2つ。

 

 

 

ありがとう

 

f:id:hibinokangae:20160709170712j:image

f:id:hibinokangae:20160709170727j:image

f:id:hibinokangae:20160709170755j:image

 

 

 

 

ダイスキ!

 

f:id:hibinokangae:20160709170915j:image

f:id:hibinokangae:20160709170936j:image

f:id:hibinokangae:20160709171114j:image

 

 

伝えたい想いは届くだろうか。