読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の考え

この時代のチャンピオンを目指す7人のこと

初めてのジャニーズコンサートで感じたあれこれ

■服装編

今回一番悩んだのが、服!!

何を着ていったらいいのか、本当に本当に悩んだ。インスタやらTwitterやらで無駄に知らない方の参戦服を調べ漁り、結局考えることがもうめんどくさくなってしまっていつもと同じ服で行きました。Tシャツスキニースニーカー。Tシャツスキニースニーカー♪Tシャツスキニースニーカー♪Tシャツスキニースニーカー♪バンザイ!!

私の予想では、

  • スカート率が高い
  • 自担カラーをどこかに取り入れている
  • 花かんむりつけてる人もいる
  • 盛り髪のギャルはいない
  • ツアーTの人は少ない

といった感じだったのですが、実際は

  • スカート率ハンパじゃなく高い
  • 全身自担カラーの人がうじゃうじゃ。なんなら背中に自担の名前を背負っている
  • 花かんむり率の高さはそこらの式場よりも遥かに高い
  • 盛り髪のギャル、実在した!(これは本当にびっくりした)
  • ツアーTの人もうじゃうじゃいる
  • 花柄着てる人が多かった
  • 二階堂担は白いワンピース着てるのかと思いきや緑の服を着ていた
  • 衣装のコスプレをしてる人が少ない!
  • 自担の顔を持ち歩いている人がうじゃうじゃ
  • 少しくらいのヒールならば許される
  • 双子コーデしてる人多い!

というような結果に。

 

みんなそれぞれ自担カラーをうまく取り入れていたり、むしろ全身自担カラーだったり、つなぎを着ている人もいた。だからすごくカラフルだし、パッと見て誰担かがわかりやすくてメンバーカラー制度ってありがたいなと思った(笑)

玉森担と藤ヶ谷担はやっぱり突出して多いですね。玉森くんの人気を目の当たりにして、ショックを受けるかなと思ったけどそんな事はなくて、なぜか親目線で「玉ちゃん!めっちゃ愛されてんな!よかったね!!!」って思っていました。

当の私はというと、玉森担なのにピンクが好きだから黄色とピンクを半々くらい持ってて、玉森担なの?藤ヶ谷担なの?ハッキリせぇよ!っていつ誰に言われるかヒヤヒヤしていました。友達の分の藤ヶ谷うちわも買って持っていたし完全に玉ヶ谷担になってた。

 

そして、これは一番「あれ?」と思ったことなのだけれども、衣装のコスプレをしている人が全然いない。

私がこれまで行ったことのあるライブは、加藤ミリヤちゃんと安室ちゃん。その両方(特にミリヤちゃん)のファンに共通することが、「衣装のコスプレをする」「ヘアメイクや服装をとにかく本人に寄せる」ということ。

ミリヤちゃんのライブに行くと、過去の映像作品やライブでの衣装を手作りしてそれを着てるファンが圧倒的に多くて、しかもそのクオリティがみんなやたらと高い。そのツアー中の衣装を真似してる人もいるから制作スピードどうなってるの?と思う。ヘアメイクも本人に寄せているので、会場周辺「ミリヤがいっぱいコレクション」状態になります。

 

でもキスマイの衣装を真似してる人は、私が見た限りでは1人か2人。昨年のワールドの衣装を真似たものでした。

衣装のコスプレをしないのは単純にキスマイは男性だけどファンは女性というジェンダー的な理由もあるだろうし、たぶんみんなデートに行くような感覚で服を選んでいるからなのかなと思いました。

 

それにしても花かんむりをつけている人が多くてびっくりしました。私ももう少し若かったらフリフリなワンピースを着て、頭に花かんむりを乗せて、プリンセスになりきってコンサートに参加したかったなぁ。絶対に楽しいですよね。こういうイベントでしかできない格好をしている方たち、羨ましかったです。

 

一度経験して大体雰囲気がわかったので、名古屋から帰ってきて早速黄色のお洋服買いました(笑)東京は黄色多めで行こうと思ってます。

 

 

■双眼鏡編

私がキスマイのために買った双眼鏡はこちらです。

f:id:hibinokangae:20160713112845j:image

これ、ジャニオタの中では結構メジャーな双眼鏡みたいで、Amazonのレビューにも「キスマイのコンサートのために買いました!」という方がいらっしゃった。そうか、みんな使ってるのならこれでいいか…お値段もリーズナブルだし。というかなり雑な感じで買いました。

 

コンサート中は、ずーーーっと玉ちゃんの姿を追っていようと思っていましたが、さすがはドーム。3塁側にいる私から、1塁側にいる玉ちゃんの姿は、双眼鏡を通してもかなり遠いし見にくい。表情なんて見えないし、動きを追うことで精一杯。

 

これは、双眼鏡に慣れていないからというのもあるし、ピントが合っていないというのもあると思うけれど、でもやっぱり倍率が低いという事が原因かな。レビューでは、天井席からでもよく見える、と書いてありましたが、私は天井席からだとそこまでよく見えないのでは…と思います。スタンドからでも見にくかったので。 

 

ただ全く見えないわけではないし無いよりは全然見える。軽くてコンパクトなので持ち運びもラクだし、およそ3時間持ちっぱなしでも全然疲れなかった。防水だから何かあっても安心(何もないと思うけど)。

 

あと、ライブのためにコンタクトを買ったお話を前にしたのですが

 

コンタクト、めちゃくちゃに目が乾く。

もうこれも双眼鏡をうまく使いこなせなかった理由の1つ!

双眼鏡を通して遠くを見ようとすると、自然と目を見開いて瞬きの回数が減って、ただでさえ乾いている目がさらに乾く。遠くを見ようとするとかなり疲れる。そのため、遠くの自担より近くの他担、というスタイルをとらざるを得ない状況になってしまいました。(玉ちゃんがこちらにいないときは大体にかちゃんを見ていました)

 

それから、双眼鏡って、見える範囲がかなり狭いんですよね。対象物と、その周囲1メートルくらい?わからないけど、例えば玉ちゃんを見ていたとしたら本当に玉ちゃんしか見えません。ステージのどこら辺にいるのかとか、周りの機材だとか、周辺情報が入ってこない。なので花火がバーン!と打ち上がっても、炎は見えずに急に音だけ聞こえるのでかなりびっくりします。双眼鏡を覗いてなければ、音よりも光の方が伝わるスピードが速いから炎→特効だ!→バーン!という感じで心の準備ができるのでそこまでびっくりしないんですけどね。

 

全体を肉眼で見るのか、モニターを見るのか、双眼鏡を見てればいいのか、未だに正解がわからない…

 

双眼鏡の上手な使い方模索中です。

 

 

■うちわ編

初めてのうちわ作りはこちらで書きました。

 

一応、玉ちゃんにあなたのファンだよ!という事が伝わればいいな…という思いを込めて作りました。でも。

 

 

一回も手に持つことなくコンサート終了。

 

 

だって人間と人間のハーフの私は人間…手は2本しかない。

双眼鏡って両手でしっかりと持ってないと見えないんです。だからペンライトは腕にストラップ通してブラーン状態だったし、作ったうちわも、グッズのうちわも、ずっと席に置きっぱなしでした(笑)

 

あと私の位置からだと真下に来たメンバーの姿は見えない。=メンバーからも私の姿やうちわは見えない。 

持ってても意味ないかな…と思って諦めました。

 

あーもううう!手が足りない!!(笑)

 

■周辺施設編

名古屋ドームは道を挟んだ向かいにイオンがあります。開演の2時間ちょっと前くらいにイオンに着いたのですが、もう、見渡す限り、ジャ!ニ!オ!タ!!(笑)

一般のお客さんどこに隠しちゃったの?っていうくらいキスマイコンサートに来た人で溢れかえっていました。

 

カラフルなアクセサリーを売ってるお店は、キスマイのメンバーカラーを打ち出していて本当に商売上手!あっぱれ!

お洋服屋さんも、カラー別に並べていたりしてここぞとばかりに売り出していました。

 

これはイオン的には迷惑なのか、はたまた売上に貢献しているからウェルカムなのか、さぁどっち??という(超どうでもいい)疑問を抱えてモンモンしていた私の耳に、イオンの館内アナウンスが聞こえてきました。

 

「本日17時より名古屋ドームにてキスマイコンサートが行われるため、大変ご迷惑をおかけしております。」

 

……………………!!!!!!

 

 

やっぱり迷惑だったのか!!!!!

 

ごめんなさいイオンモール名古屋ドーム前の関係者各位。

 

お世話になりましたありがとうございました。

 

ドームで何かある度あんな感じなのかな…大変だな…お疲れ様です(ひとごと)

 

 

 

初めてのジャニーズコンサートだったので勝手がわからず「何なの?」と思われないか不安でしたがなんとかご迷惑をおかけすることなく乗り越えられたかなと思います。

 

初めて行った縁もゆかりもない名古屋で、千賀さんに「おかえり!」が言えて嬉しかったです(笑)

 

キスマイ、おつかれさま!!

次は東京で会おう。