読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の考え

この時代のチャンピオンを目指す7人のこと

タイトルが決まらない。ただ言いたいのはありがとうとおめでとう。

キスマイ

 

この7ヶ月間はこれまでの人生で一番時の流れが早かった。

時間が過ぎるのを早く感じるってことは充実しているっていうことだって昔誰かが言ってた。まさに充実した7ヶ月間だった。

 

キスマイのことを好きになって、初めてジャニーズの世界に足を踏み入れて。ジャニーズのライブってこんな感じなんだ、楽屋ではこんな感じなんだ、私服オシャレだな、ブランド物好きなんだな、踊ったり歌ったり、こんな風に楽しめる世界があるんだなって、初めて知った。それと同時に、「ジャニーズ事務所」の闇の部分も初めて知った。ただキラキラしたイケメンを集めて儲けてるんだって思っていたのに、派閥だとかルールだとか、深い部分ではかなり大変な問題を抱えていて、しかもここ最近その問題を隠しきれなくてファンだったり社会だったりを巻き込んでいるってことも初めて知った。

 

生まれて初めて「ファンクラブ」の会員になった。初めて一人で新幹線に乗って名古屋まで行った。初めてジャニーズのライブも体験した。

 

ジャニオタって怖いイメージしかなかったけどそれって全くの偏見で実は優しくて面白くて最高な人たちの集まりなんだってことも知った。みんな自担のことが大好きなんだってことがブログとかSNSの文章を通じて伝わってきた。キスマイを通じて友達もできた。内弁慶でマイナス思考で誰かと一緒にいて疲れるくらいなら一人でいた方がいいやって思ってた私の世界が広がった。キスマイの話してる時が一番楽しい。キスマイのことも好きだしキスマイ担のことも好きだ。

 

キスマイが私にくれたものってたくさんの初めてを経験する勇気とか強さとか色々あったけど結局は「楽しい世界があること」を教えてくれたことだと思う。

 

趣味も特技も特になくて、生まれてきちゃったから生きてるって感じで人生無駄にしてるなあって思いながら生きてた。何のために誰のために生きてるのか本当にわからなかったし楽しみといえば買い物とマツコのテレビを見ることくらいで、みんながどんな風に毎日過ごしているのか不思議だった。よく旦那さんに「何を楽しみに生きてるの?」って聞いては困らせていた。職場で新しい人が入ってくる度に「休みの日何してるんですか?」って聞いてた。今思うとかなりめんどくさいな。自分のことだけど。

 

キスマイを追いかけることは私にとっては趣味だと思う。人って趣味があると生き生きするよね。テレビ見なきゃ、雑誌見なきゃ、ブログ読まなきゃ、今日はライブ、舞台、ドラマ…そんな感じで毎日何かしら新しいことが起こる。「何にもない日なんてない」って某カラフルハーフタレントが言ってたけど、以前の私の毎日なんて昨日と今日の違いなんか日付だけだよと思うくらい何にもなかった。でも今は毎日何があったのか書き留めておかないと覚えていられないくらい色んなことが起こる。それがすごく楽しい。

 

ずっと前に、ジャニオタの人が「ジャニオタじゃない人が何して毎日過ごしてるのかがわからない」って言ってたことが心にずっと残っているのだけど今ならその言葉の意味がわかる。オタクじゃない人は毎日何して過ごしているの?(何もしてないって過去の自分が言ってる)

 

 

キスマイを見ていて辛くなることもある。こんなに好きなのに一生届くことはなくて報われない片想いなんだって思うこともある。どれだけ手を伸ばしても手に入らないってかなり辛い。でもキスマイがアイドルとして、ジャニーズとして活動してくれているから私は彼らに出会えたしこんなに充実した日々を送れてる。好きな人のことを同じく好きな人(同担)とこの人のこういうところがかっこいいよね、こういうところがいいよね、こんなこと言ってたよ、あんなこと言ってたよ、って好きなところを共有できるのも、彼らがアイドルだからできることで。 一般人でそれやってたらちょっとおかしいじゃないですか。

人間は共感の生き物だから、自分がいいと思うものを共感してくれると嬉しいんですよね、やっぱり。だからよく「玉ちゃんがアイドルでよかった〜」って思う。

 

 

ここまで来るのは本当に大変だっただろうな。想像もできないくらい。本人たちは「ファンのおかげ」って言ってくれるけど、それ以前に本人たちの頑張りがなかったらファンは応援することもできないからね。頑張ってくれてありがとう。

デビューしてくれてありがとう。

いろんなものを犠牲にして、アイドルとして生きることを選んでくれてありがとう。

楽しい世界があるって教えてくれてありがとう。

私の世界を変えてくれてありがとう。

人の人生を変えるほどの影響力を持った人間なんてそうそういない。そのことをプレッシャーに感じたり重く感じたりせずに、誇りに思って欲しいなぁと思います。

 

 

 

 

 


あの日君たちが手に入れたのはゴールなんかじゃない








みんながみんな掴めるものじゃない









「いつかSMAPを越えてくれ」





「ユーたちならできるよ」





驕る事なく
腐る事なく

ただ前だけを向いて




自分たちの信じる道を進むだけ

 

 

 

 

キスマイは終わることのないグループだって信じてる。もう5周年?まだ5周年?

感じ方は人それぞれだと思うけど、これからもずっと応援させてください。まだまだ先は長いよね? 

 

Kis-My-Ft2、デビュー5周年おめでとう!